SDGsの取り組み

持続可能な開発目標SDGs(Sustainable Development Goals)とは

2015年9月に開催された国連サミットにて加盟国の全会一致で採択された17の目標と169のターゲットからなる2016年から2030年までの国際目標です。
自然環境・社会・経済の地球規模の問題を解決し、「誰一人取り残さない」世界の実現のため、各企業や自治体、NGO・NPO、教育・研究機関などでも2030年までに目標達成すべく取り組みを行っております。
★SDGsについての詳細はこちら(外務省ホームページ)

 

食の安心・安全を守る企業であり続けるために

サンフーズジャパンは私たちの作った製品をお客様に安心して召し上がっていただけるよう努めております。

■ISO22000の取得
■HACCPの食品衛生管理手法をもとに、安全な商品提供を可能にする為に「食品安全マネジメントシステム(FSMS)」を独自構築


環境に優しい企業であり続けるために

サンフーズジャパンは地域のみなさまとの融和を大切にすると共に、自然環境に優しい工場として、環境に配慮した取り組みを実施しています。

■排水処理設備等省エネ型設備の導入
■各部署で目標をたて廃棄等ロスの削減


従業員に優しい企業であり続けるために

お客様にご満足いただける製品を作るためには、そこで働く従業員の皆さんが気持ちよく仕事ができる環境が大切だと私たちは考えます。


■全従業員対象の健康診断
■ストレスチェック及びアクサ生命保険株式会社によるメンタルケアカウンセリングサービスの案内
健康経営優良法人の認証及び全国健康保険協会健康事業所宣言
■受動喫煙対策(屋外喫煙所設置)
■毎朝の検温実施
■インフルエンザ予防接種の補助
■フレックス制度
■社内研修・資格取得支援
■アイデアポストの設置
■高齢者雇用
■育児休暇・育児時短制度の導入
■介護休暇・介護時短制度の導入
行動計画の策定